パーソナルトレーナーになる方法

最近はパーソナルトレーニングジムを見かけることが多くなりました。

それにつれてパーソナルトレーナーのニーズが急拡大しています。

今回は【パーソナルトレーナーになる方法】についてご紹介します。

★パーソナルトレーナーとは?

マンツーマンで体のコンディションやボディメイクをサポートする人材のことです。

誰でもがなれる仕事ではないです。

初めは大手のフィットネスクラブで活動してはじめた人が多いです。

そこでは資格が要求されます。

パーソナルトレーナーの資格を発行している団体にまずは登録します。

そこで勉強をして試験に合格すれば資格取得ができます。

その後、求人を探してトレーナーの仕事をはじめる。

こういった流れが多いです。

★パーソナルトレーナーの資格は多い。

例えば、フィットネスクラブで仕事をしたいならば、そのクラブで公認されている資格を取らなければなりません。

一般的にはNSCAやNESTA、JATI、ATです。

個人のジムの場合は、その代表者に聞けばいいです。

これ以外に自分のスキルアップを目指しているならば、どの資格でも役立ちます。

★独学では資格取得は難しい。

独学でマスターできるのは生理学・解剖額などの範囲の座学だけです。

トレーナーの資格は実技試験があります。

これらは独学でマスターは厳しいでしょう。

エクササイズのフォームは協会によって求めるものが違います。

★いかがでしたでしょうか?

パーソナルトレーナーになる方法は独学では難しいので、無難な方法は大手のフィットネスクラブで活動することになるでしょう。